田端整体院
10時から19時

整体とラジオ体操の意外の関係

いつもありがとうございます、田端整体院です。

過去のニュースレター紹介

今回はは私が過去に、来店して頂いたお客様向けに発行していたニュースレターの原稿を紹介します

 

今回は2本立て

【整体とラジオ体操の意外の関係】と【筋肉が増えると何故、体脂肪が燃えるのか?】に二本立てです

 

まずは【整体とラジオ体操の意外の関係】をご覧ください

 

皆様、こんにちは。この原稿では当店で提供している整体の技術とラジオ体操の関係をお話します。この原稿を読んでいるあなたも一度くらいはラジオ体操をしたことがあるかもしれませんし、毎日しているかもしれません。ラジオ体操と整体、一見関係ないように聞こえます。が最後まで読んで頂ければその関係性を理解いただけます。

最近はラジオ体操を扱った書籍がベストセラーにになるなど再注目されているラジオ体操。日本人なら誰もが馴染みがある体操です。始まりは1928年郵政省簡易保険局により<国民保健体操>としてスタートしました。その後、戦争で一旦中断された時期もあるようです。が、ラジオ体操の復活を望む国民の声に答える形で、新たな体操が25人の<新ラジオ体操制定委員会>を中心に作成されました。今の形になったのは戦後の1951年のことでした。

 

当時の運動の専門家達が集まって<簡単、容易で誰でもできるもの><どこでもすぐやれるもの><調子がよくて気持ちがいいもの>というコンセプトのもと、なおかつ健康促進ができるように一つ一つの動きが練りに練って作られました。

 

ラジオ体操の優れた特徴は

  • 3分数十秒という短時間で全身運動ができること
  • 有酸素運動と無酸素運動が同時にできること
  • 時間当たりのカロリー消費量が多いこと
  • 運動の基本的な動きが全て組み込まれていること
  • 全てに動きが、怪我をしない安全な動きで作られていること
  • 性別・年齢を問わず、幅広く実施可能であること

であると言えます。現在、巷には様々なワークアウトプログラムがありますが、このクオリティには到底及びません。

 

さて、これだけ優れた特徴を持つラジオ体操ですが、いきなり出来た訳ではありません。1928年に国民保健体操が作られた時、参考にされたのがスウェーデン体操であると言われています。スウェーデン体操は、明治35(1902)年に日本へ伝わった生理学、解剖学理論を基盤に構成された体操。考案者はスウェーデンのヘンリック・リングさん。このヘンリック・リンクさん、実はスウェーデンマッサージの考案者でもあります。すでに何度もあちこちで言ってることなのでご存知の方も多いとは思いますが、当店の施術のルーツはスウェーデンマッサージにあります。

スウェデッシュについて詳しくはこちら

そうなんです、ラジオ体操と田端整体院の技術は実は、同じ考案者が考えたものなのです

 

 

 

続けて2本目をご覧ください

筋肉が増えると何故、体脂肪が燃えるのか?

 

皆様、こんにちわ。今回の原稿では筋肉が増えると何故、脂肪が燃えるのか?を考えていきたいと思います。

筋肉が増えてくると同時に高まるのが、基礎代謝量です。よく基礎代謝量が上がると太りにくいとか言われますが、この基礎代謝量とはなんでしょうか? 一日の消費エネルギーの大部分は生命の維持のために使われていて、このエネルギー量のことを基礎代謝量と呼んでいます。一日中寝ていてもこのエネルギー分は消費されます。

 

基礎代謝量は全消費量の60%を占めています。

 

概算ですが、一般の成人男子であれば、消費エネルギー量は<体重×40kcal>基礎代謝量は<体重×24kcal>と言われています。体重70kgの人なら、消費エネルギー量は2800kcal、基礎代謝量は1680kcalと計算できます。

 

基礎代謝量が下がると、消費エネルギー全体が落ち込みます。なので<基礎代謝量が下がると太りやすくなる>といわれるのです。基礎代謝量は20歳をピークに徐々に下がります。主な原因は加齢と運動不足による筋肉の減少です。基礎代謝量のうち筋肉が消費するのが20~40%です。筋肉があるだけでエネルギー消費がよくなり、脂肪をためない身体になれるのです。運動不足は様々不調を起こします。例えば肩こりや腰痛などです。

 

当店の肩こりの見解 腰痛の見解

 

さて、話を戻します。何もしていないのに何故、筋肉がこんなにエネルギーを消費するかというと筋肉の重要な役割が体温をつくることだからです。

私たちは36~37°の平熱を保つことで身体の器官や組織を適切に働かせています。この平熱の発生源が筋肉です。筋肉がエネルギーを消費するときに生まれる熱が血液によって全身に運ばれ平熱が保たれます。体温下がると生命の危険にさらされるため、全身の筋肉はせっせと働いて熱を作り出します。女性で基礎体温が低い方が多いのは、全般的に筋肉量がすくない方が多いからです。

 

筋肉1kgで1日30kcal消費します。筋肉を3kg取り戻すことができれば基礎代謝量は90kcalあがります。90kcalは体脂肪でいうと約13g程度。3kgの筋肉を取り戻せれば毎日13gの体脂肪を消費してくれます。13gというと少なく感じるかもしれませんが、1か月で約400g、1年で約5kgのもなります。

 

以上が筋肉を増やすと脂肪が燃えるという理屈です。もしあなたがダイエットをしてるとしたら、今踏み出した小さな一歩が1年後にはとてつもなく大きな一歩になっているのかもしれません。

 

【他の症状の詳細はこちら】

伊勢崎で頭痛についてお悩みならここをクリック

伊勢崎で肩こりについお悩みならこちらをクリック

伊勢崎で腰痛についてお悩みならこちらをクリック

伊勢崎で小顔整体についてくわしくはクリック

伊勢崎で不妊についてお悩みならことらをクリック

伊勢崎で骨盤矯正についてお悩みならクリック

伊勢崎でO脚でお悩みならこちらをクリック

伊勢崎で狭窄症でお悩みならこちらをクリック

伊勢崎で自律神経失調症でお悩みならこちらをクリック

伊勢崎で生理痛でお悩みならこちらをクリック

伊勢崎でむくみでお悩みならこちらをクリック

伊勢崎で坐骨神経痛でお悩みならこちらをクリック

伊勢崎で産後の骨盤矯正ならこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です