田端整体院
10時から19時

イチローのストレッチと体を芯から楽に使う方法

皆様、こんにちは。田端です。今回は私が過去にニュースレターで書いた原稿を共有したいと思います。私は今も毎月、既存のお客様宛にニュースレターを書いています。この原稿は過去に出したものです。特別に皆様に公開をしています

 

今回は体を芯から楽に使う方法とイチローのストレッチです。2本立て。この原稿、こうやってネットに公開していますが、実は書くのは結構大変な作業なんです。

 

この原稿では身体を楽に動かす方法をあなたと共有していきたいと思います。

あなたは一日中パソコンの画面を見ていて目の奥が痛くなったり、一日中職場で座っていてみぞおちあたりが詰まるような感じになったことはありませんか?

このような感覚が<体の芯が緊張して固くなっている状態>です。

 

芯が固くなると、身体の様々な内部的な機能が低下します。呼吸が浅くなり、消化器官の動きが低下し、血行も悪くなります。神経系にも影響を与えるので、頭の働きも悪くなるかもしれません。

このように体の動きが悪くなっているのに普段と同じに生活しようとしたら疲れてしまうのも無理ありません。

では、身体の芯の緊張を解放させて、疲れを取るにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

身体の芯にある緊張の原因は、身体の内外にある情報を取り入れるセンサーの緊張でそれを緩めればいいのです。より具体的に体験してみましょう。

 

椅子に座り、姿勢を楽にまっすぐにして両手で左右の耳の付け根あたりをつまんで軽く真横に引っ張ってみてください。引っ張るのは気持ちいい範囲でやりすぎないように。

 

しばらくそのままでいると身体はどのような感じになりますか?

後頭部と首の境目のあたりが、ゆっくりと広がっていくのがわかりますか?これが<耳を緩めて、身体の芯を緩める>エクササイズです。

 

また上記のようなエクササイズを行っても、不調が解消されない場合もあります。

 

酷い肩こり、腰痛、骨盤の歪みなど・・・の場合、どうしたらいいでしょうか?

 

そのような場合はお気軽にご予約くださいね~

 

当店の肩こりの見解はこちら

 

腰痛の見解はこちら

 

骨盤矯正の見解はこちら

 

イチローのストレッチ

この原稿を読んでいるあなたは、もしかしたら私の施術を受けてる時に

 

<イチローのストレッチやってみます?>と聞かれたことがあるかもしれませんし、ないかもしれません。

この原稿では、イチローにストレッチを伝授した小山祐史先生の話を紹介したいと思います。
最近、トレーニング関係の本を何冊か読んだんですが、その中で一番しっくりきたのが小山祐史先生の本でした。小山先生を簡単に紹介しておくとスポーツトレーナーです。クライアントにはイチロー選手、中日の山本昌投手、陸上競技のすえつぐ選手、サッカージュビロ磐田の藤田選手など、まさに日本を代表するスーパーアスリートが沢山います。

 

たまにイチロー選手のドキュメントなどで特殊な筋トレマシンがでてきます。これはすべて小山祐史先生が開発したものらしいです。イチロー選手はこれらのマシンを自費でマリナーズに設置したそうです。費用は数千万。このトレーニングをはじめてからイチロー選手は大きな怪我をしていません。彼にとっては安い買い物だったことでしょう。

 

この小山先生は初動負荷理論というのを提唱しています。

 

かなり難解ですが、理解できれば腑に落ちます。ただ普通の方がよんでも専門用語ばかりで理解不能です。

 

中でも私が最も勉強になったのはスエツグ選手(ツグが変換できない・・ご了解ください)のいわゆるナンバに対する記述でした。当店の施術法には実はナンバを取り入れています。施術する側が疲れない施術をするために、身体の動きをどうすればいいのか、かなり研究しました。そして取り入れたのがいわゆるナンバの動きでした。

 

 

ただ、自分なりに取り入れた動きがナンバ的に正しいのか、どうか不明でした。色々書物も読みましたが、いまいちしっくりきません。小山先生の書物を読んでしっくりきました。

 

 

ナンバというのは、元々理想的な動きではないそうです。右手右足、左手左足が同時に出ることをいさめ、自然な動きが出来ない動作であると注意を促しているのです。スエツグ選手の走りはナンバではないそうです。スエツグ選手の動きは初動負荷理論でしか説明できないそうです。難解なのでかいつまんで説明すると、右足が出るときに、右足の上に胸がのるように、左足が出るときには、左足の上に胸がのるような動き、ということらしいです。

 

 

これを読んで動きをやってみたときに、当店の施術の動きと同じであることに気が付きました。何となく、ナンバ的に正しかった体裁きだった感じです。

 

よくお客様から、そんな何人も施術して疲れませんか?

 

ときかれますが、全く疲れません。私たちの業界、施術者でも腰痛になったりする方も多いのですが私は全くありません。

 

これもナンバの動きを応用しているかもしれませんね!

 

さて、いかがでしたでしょうか?少し分かりずらかったかもしれませんね。何か質問などあればお気軽に問い合わせ&来店くださいね~