田端整体院
10時から19時

田端整体院ニュースレターアーカイブ2017年3月号

田端整体院通信

2016年3月発行

 

いつもありがとうございます、田端整体院です。今月もやや遅れての発送になりました。連日のほぼほぼの満員御礼の為、原稿を書く時間がなかなか取れないのですが、楽しみに待って頂いてる方も沢山いると聞いているので頑張って書いていきます。今後も宜しくお願いします~。それでは今月も早速行ってみましょう

 

【胸郭出口症候群に対する考察】

今回は胸郭出口症候群に対する考察を行っていきたいと思います。胸郭出口症候群ということを聞いたことが人はまずいないとは思います。ただ、実は私は最近までこの症状に悩まされていたのです。

 

ご存知の方も多いと思いますが、私は先月あたりから右腕のしびれに悩まされていました。

まあこの仕事をしていてこんなことを言うのもなんなんですが、私も皆様と同じです。

 

この右腕のしびれ、施術は問題なく行っていましたが、やはりきつかったです。ではなぜこのようなしびれが出てきたのか?

それが胸郭出口症候群と言われる症状だったのです。

 

胸郭出口症候群の特徴的な症状は、腕のしびれや指先の冷えなどが挙げられます。

 

胸郭出口とは下の写真を見てください

鎖骨と第一肋骨(一番上の肋骨)のところというのは、非常に狭くなっているのです。また狭くなっているにもかかわらず、様々な筋肉、血管、神経が通っており、複雑な構造になっています。

 

特にこの付近の筋肉というのが張ってきてしまうと、血管を圧迫したり、神経を圧迫したりしてしまいます。

 

その結果、腕がしびれたり、指先が冷たくなったりすると言う症状が出ます。これを胸郭出口症候群といいます。

 

で、私自身がどうだったかと言うと、腕がしびれていたとき自分の首の筋肉を触ってみると、すごいカチカチ。こんなにカチカチの触ったことがないよ、と言う位カチカチ。ここはなんとか自分の腕が届く部位なので何とか自分でケア。ちなみにこのカチカチだった筋肉は斜角筋と言います。

その結果だいぶ改善をしたんですが、まだ若干のしびれありました。首の筋肉というのは十分に弛緩させた状態にまで持っていきました。しかしながら若干のしびれがあるという状態。

 

で肩周りを見てみるとやはりここが原因。腕の動きと言うのは、鎖骨→肩甲骨→上腕骨と連動して動くので、腕のしびれなどは肩まわりが関連してくることはよくあります。

 

前から気がついてはいたんですが、私の場合、右肩に大きなコリがあるのです。ただこのコリ、かなり奥に入っており、なかなかほぐすことが困難であるというのは私自身がよくわかっておりました。どこにこりがあったかというと、この写真↓

何度か見たことがある方もいるとは思いますが、菱形筋と言う筋肉です。

コリには様々なパターンがありますが、奥に入っていて表面に出てこないというのが1番厄介なパターンです。表面上、コリなどはいないんですが、奥に隠れているのです。

 

こうなると、①まずこれを表面に出す、②それからほぐすと言うことになります。

 

この表面に出すと言う作業が、実は結構大変でなかなか表面に出てこないと言う事はよくあります。私の肩の凝りがまさにこの形このパターン。

 

私は様々な人々の凝りをとってきましたが、自分が1番大変なパターンになっているのでした(笑)

 

このコリを表面に出すと言う作業、実はなかなかやっかいで、普通のお店ではまず対応してくれません。放っておかざるおえない状況でした。ただ今回この腕のしびれを機に、自分でなんとかすることにしました。というか、そうしないと腕が痺れるw。

 

毎日自分で様々なセルフケアをして(どういったケアをしていたかはご来店の上聞いてくださいね)何とか通常の状態にまでは持ってきました。ちなみに私菱形筋、上部は石みたいにかたくなっておりました。

 

約一カ月の毎日にセルケアで何とか、痺れ、痛みなどは引いていきました。

さてこの原稿を読んでいるあなたも、私のようにならないように、早め早めにご来店くださいね。

【口コミ紹介】

今回もエキテンさんに投稿頂いた口コミを紹介します。こういった口コミの場合、いい意見ばかり紹介することが多いのですが、今回は良くない意見も紹介します。

 

まきお

<何回か通わないとわからない>

肩こりがあまりにひどく我慢出来なかった。携帯で検索しこちらの口コミが良かったので行ってみました。

最初に、肩こりになる原因を模型を使って説明してくれたので非常にわかりやすく、ためになりました。

マッサージに関しては脇の下をゴリゴリするのやつが我慢するのがやっとなほど痛かったです。相当な疲労部質が溜まっていたのでしょうか。

施術が終わったあとはスッキリだったのが次の日には肩甲骨から首にかけて筋肉がつれたような痛みが続きました。

先生も一回で良くなることはまず無いと仰っていたので何回か通わないとわからないですね。

<お店からの返信>

まきお様

口コミ投稿ありがとうございます。

 

当店の場合、肩こりのメカニズムはほぼほぼわかっており、その原因になっている部位にアプローチをしていきます。事前にもご説明させて頂いたとはおもいますが、肩こりは肩だけが凝っているわけではありません。

 

盲点となっている部位があるのでそこを施術していかないと本質的には楽になっていかないのです。

 

こちらも事前にご説明させていただきましたが、施術後、逆にいたみがでるといったケースもあります。状態がわるいかたほどそういった傾向があります。

 

また、筋肉はいつも同じ状態ではありません。常に変化しています。状態がよくなるために、一時的にいたみがでるといった場合もあります

 

一度の施術で楽になると言ったケースもありますが、そうでない場合も勿論あります。そのため、当店では数回来ていただく、またその後も定期的にケアしていくと言うことを提案させていただいてます。

 

当店の場合、そういったこと(一度で楽にすることのみに固執する)はあまり重視しておりません。

 

お客様が毎日快適に過ごして頂けるよう、サポートしていく、と言うことを重要視しています。

 

そこらへん、説明させていただきましたが、ご理解いただけず、私の説明が足りなかった、分かりにくかったのかもしれません。

 

またのご来店おまちしています。

 

【田端、マラソン大会に参加する】

 

2月に行われた、深谷市シティハーフマラソン大会に参加しました。

このマラソン大会、東京マラソンと同日なので、東京マラソンの抽選にもれた方が参加するケースが多いそうです。

 

さて、ハーフマラソン大会とありますが、私が参加したのは弱気の5キロ。

というのも、実は3月の上里、4月の本庄と連続参加の予定。今シーズン初回の深谷は、まあ練習というか、コンディションつくりという意味合いが強いのです。

こういった大会に参加するのは4回目ですが、ようやく雰囲気にのまれないようになりました。

コースは比較的平坦で風もなく走りやすかったですね。結果はと言うと、タイム的には28分4秒、順位的には99位でした。(多分参加者は240名くらい、実際に走った人数は分からず)一応完走した証拠写真など載せてみます

よく見ると後ろに深谷のゆるきゃらのふっかちゃんのふわふわがあります。

走り終わった後は、深谷名物のにぼうとうをいただきました。

 

まあ何より無事に完走できたことが嬉しいですね。今後の大会もまたご報告します~

?

【次回は4月中旬の発送を予定しています。お楽しみに】