田端整体院
10時から19時

田端整体院ニュースレターアーカイブ2017年1月号

 

田端整体院通信

2017年1月発行

 

新年あけましておめでとうございます。昨年中は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。今回はニュースレターの発送が少し遅くなってしまい、また同時に、新年のご挨拶も遅れたことをお詫びいたします。

 

というのも、おかげさまで連日ほぼ満席の状態というのが続いております。そのためなかなか原稿書く時間が取れず、本来ならもっと早く出したかったのですが今になってしまいました。ご挨拶が遅れ、申し訳ありません。

 

さて、それでは早速今月の記事にいってみましょう!

 

 

【小顔整体の嘘くさい実例】

30代男性

 

下あごの歪みが気になりそれをなんとかしたい、ということで来店。。週に3回のペースで来店。下顎の歪みも半分程度まで回復をし、会社の人から顔が1番小さくなったね、と言われたそうです。男性でも10分効果が出ると言う実例ですね

 

20代女性

 

この女性も下顎の歪みが気になり来店。下顎の歪みの場合、前にも書いたと思いますが、顎を動かす筋肉に凝りが入ってる場合がほとんどで、このコリを解消することで歪みを解消されていくことが多いです。こんなことを言ってるのは私くらいですが、実際結果が出てるので、間違いないかなあと思っています。

 

この女性も例外でなく、下顎に凝りあり。これを地道に取り除いていき、今では言われないとわからない位、左右揃ってきました。

 

【ダイナマイト整体のこれまた、嘘くさいけど、ほんとの実例】

?

30代男性

この男性は腰が痛いと言うことで来店。仕事で1日10時間ちかく話ちかく立ち話での作業。そのため、職場でも腰痛になる方が多いとのこと。で、触診をしてみると体を見てみると、やはり腸腰筋に問題あり。前にも話したと思いますけれども、腰痛の原因のほとんどは腸腰筋と言う筋肉にあります。その他にも背中の筋肉脊柱起立筋などにも張りがあり、とりあえず週一で4回通うように提案。3回目位から痛みはなくなり、最後の1回は仕上げの施術という感じ。

 

若い男子にしては珍しくこちらの提案通りに来店してくれた方です。(男性の方は大概こちらの言うことを聞きません。)やはり、こちらの提案通りご来店いただいてる方のほうが、回復が早く順調なのは間違いありませんね。

 

50代男性

こちらの方も腰、背中の張り、肩こりを訴えての来店。独学で筋肉トレーニングもやっているそう。私の立場で言うと、独学での筋トレというのは非常に危険。

 

というのは私自身もトレーニングをしていますし、スポーツジムにテナントとして出店していた経験もあるのでよくわかりますが、男性の95%以上は、過重量でトレーニングをしています。その結果、多くの方が逆に筋肉を痛める結果になっていることを知っています。

 

その方もやはり例外ではなく、話を聞いていると明らかに過重量でのトレーニング。それを数十年続けていたとのこと。体を見てみるとやはり筋肉はかなりダメージを受けている状態。

まぁ1度や2度の施術で何とかなるような状態ではなかったので、とりあえず3日後にまた来るように提案。

 

ただその男性は用事があると言うことで、10日後に予約を入れていきました。そして1週間後にその男性から電話があり、体が痛くなり全く動けない状態になりました、とのこと。

 

まぁ3日後に来てくださいと私は言ったので、だから言わんこっちゃない、心の中では思いつつも、お大事にするようにいました。

 

現在の状態を見れば、どの程度の間隔で来てもらうとどうなるか、というのを私は分かります。なので。こちらの言う通り来てもらったほうが間違いないのは間違いないのですが、それを守って頂けなくて、更に悪化した場合、正直対処に困ります。

 

その後、電話口で何かアドバイスはありませんかと言われましたが、3日後に来てください、というアドバイスを聞いてもらえなかったという前科があるので、言っても無駄だろうと判断させて頂き(ご本人様はそんなつもりはないのでしょうが)、安静にしていてくださいと言うことだけ言っておきました。

 

50才以降の男性は、頑固でこちらの言うことを聞く事はまずありません。それはこちらもわかっていますが、有識者もしくは経験のある人の言う事は聞いたほうがいいのかな、とは思います。と、あらためてと感じた例でした。

 

30代女性

 

施術前に体を見させてもらうと側彎症がありました。後は側湾症かなり幼少の頃からあったらしく中学生の時に健康診断の時に言われたそうです。(写真はイメージです)

その後10数年間ずっと側湾症に悩まされていたそうです。私的にはそんなにひどくはなかったのですが、確かに側弯がありました。側弯があると、背中の筋肉全体が張ってしまい、痛みが出る場合と言うのはとても多いです。

 

その中でも脊柱起立筋という背骨を両サイドが支えている筋肉があるのですが、この筋肉が過剰に張ってしまう場合が多いのです。で、この筋肉を中心に施術しました。終わった時点でかなり楽になり、

その後数回来店。3回目から5回目ぐらいにはもう既に側弯もほぼほぼなくなっていきました。側弯を数回の施術でほぼほぼなくしてしまう俺って、すごいじゃん、と思った瞬間でした。

 

いかがでしたでしょうか?なにぶん、施術をしている本人が書いているため、嘘くさいと思われたと思いますが、基本すべて実話で、この半年くらいでの話です。ぜひあなたも体験してみてくださいね~

 

【田端マラソン大会に参加する】

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、私は本庄に住んでいます。本庄市では毎年元旦早朝に元旦マラソンという行事を行っています。私は今回これに参加をしました。

数年前にも参加しました。その時はまだ嫁とも結婚をしていなかった、または新婚当時だったと記憶しております。その時は嫁も一緒にきたのですが、やはり結婚して数年経つと元旦から早起きは嫌みたいで、今回は1人での参加ですw

 

数年前に初めて参加した時は、無我夢中で、初日の出などを楽しむ余裕もなし、小学生にはどんどん抜かれる、顎が上がって、何とか走りきったと言う思い出があります。

今回は初日の出も楽しみながら店は小学生には免れましたが、顎も上がらず、穏やかにゴールをすることができました。

こうして同じレースに数年越しで参加をすると、自分の成長というものが何となく実感されて、楽しいものです。

 

ちなみに私が走っているのは、他人と競争するわけでは全くなく、昨年までの自分を超えているかどうか確認するために走っています。

(ちょっとかっこいいこと言ったかも)

 

昨年のタイムを超えることができれば、それは去年の自分よりも成長していると思えるからです。

【勝浦担担麺を食べる】

さて、日本全国マニアックなところにばかり行っているわたしですが、先日一年ぶりに勝浦に行きました。

勝浦とは、千葉の外房にある小さな漁業町です。豆知識ですが養珠院という徳川家康の側室は勝浦出身らしいですね。徳川頼宣という初代紀州徳川家の藩主及び、初代水戸徳川家藩主、徳川頼房のお母さんです。駅に木造がおいてありました。かなり歴史マニアな話になってしまいましたww

さて人生初で勝浦担担麺をたべました。

味に関しては・・・辛かったです・・・

【今年は・・・・・】

私、今年はあえて損する生き方をしようと思っています。この辺の話はまた次回!できたらいいですね。紙面が尽きてしまいました。次回は2月中旬の発送予定です。お楽しみに