田端整体院
10時から19時

田端整体院ニュースレターアーカイブ2016年2月号3月号

いつもありがとうございます。

当店では2014年からカラー印刷にてニュースレターを発行しています。これから過去のニュースレターをアーカイブしていきますのでおたのしみに!

田端整体院通信

2016年2月発行

いつもありがとうございます。田端整体院です。新年も明けて一カ月ですね。いかがお過ごしでしょうか?今月はいつもとちょっと違った視点で、田端整体院のデータを公表していきたいと思います。

?

<データで見る田端整体院の2015年>

(グラフが上手くコピーできないので、グラフなしになります。ご了解下さい)

 

今月は2015年の当店をデータで振り返ってみたいと思います。ちなみに2015年の来店された方の総数は延べ1900名様でした。(正確には1899名)まずは男女比から。

約4分の3以上が女性です。やはり健康に気を使っているのは圧倒的に女性です。女性の平均寿命が長いのもうなずけます。女性は身体のメンテナンスで来店頂く方が多いのですが、男性はよくなると足が遠のく場合が多いのでその影響もあるかもしれません。勿論、男性で定期的に来ていただいてる方もいます。そういった方は大概、身体の調子がいいですね。

続いて年齢層。なんと20代、30代、40代が拮抗しています。

20代の方が予想より多いですね。小顔の女性が多いからでしょうか?多分そうだと思います。

さて続いて曜日別の来店数です。

まあ、木曜日は定休を頂いてますので、ゼロになります。月曜日と水曜日が多いですね。意外なことに日曜日は一番少ないですね。

 

続いて時間帯別

これを見ると10時台が一番多いですね。次が16時台。意外なことに18時台はそんなでもないですね。ちなみに12時からでも大丈夫ですし、夜も19時までに入って頂ければ問題ないです。また日曜日は17時までになりますのでよろしくご了解下さい。

 

こうしてみると、当店の場合、女性が多く、20代~40代までの年齢層で、曜日や時間による極端な隔たりなどはない、ということがわかるかなぁ~と思います。

 

<夫婦間における認識の違いの考察②>

 

さて、久しぶりに夫婦ネタを書いてみたいと思います。

夫婦ネタは結構受けが良いのですが、身を削って書いているため、そんなに頻繁には書けません(笑)

このテーマで書くのは約一年ぶりくらいになります。ご存じの方もいられると思いますが、私は結婚して約3年になります。

 

結婚している方はお分かりになるとは思いますが、夫婦間の認識の違い結構あります。我が家の場合も例外でなく、色々あります(笑)

 

で、数年前にちょっとした問題になったので、嫁曰く<釣った魚に餌をやらない感>でした。私はそんなつもりは全くないのですが、嫁の方はそうは思ってない。ということで話し合いの末、年に数回は二人でチョイいい料理を食べることになりました。

今年は本庄のリラッサンテというイタリア料理店で食事をすることにしました。私は食べ物など紹介する場合、実名は出さないことが多いのですが、今回は実名を書いちゃいます。というのは、この店の料理、かなりおいしいのです。

 

私が食べてきたパスタの中では、ナンバーワンにおいしいです。パスタ好きの女性のかた、是非どうぞ。17号沿いにあります。

 

おかげで我が家は夫婦関係、順調です

 

<田端、初詣に行くの巻>

 

さて、お正月にはみなさん初詣に行かれると思いますが、私もご多分に漏れず行って来ました。

 

毎年恒例で、同じ本庄の神社に行っています。昨年、曲がりなりにも無事に過ごせたことを感謝すると共に、今年も平穏無事に過ごせるよう、お願いをしてきました。

 

本庄の神社の場合、お札が4枚なんですね。(普通は3枚)この4枚札の正確な納め方、知ってる方いたら教えて下さいね。

 

今年からはこのニュースレターの更なる充実を目指していきます。今年も宜しくお願いします

 

2016年2月発行

 

いつもありがとうございます。田端です。さて、今月はうちのニュースレターには珍しく、身体のことを書いていきたいと思います。

 

整体屋のニュースレターにも関わらず、あまり身体のことは書いていません(笑)

これには理由があって、最近は健康情報など氾濫していて私があらためて書かなくてもいいのでは?というのもあります。

 

そうは言っても、たまには書いてみた方がいいかも、と思い今回は書いみることにしました。次回ももしかしたら体のことを書くかもしれません。

 

今回は肩こりについて解剖学的見地から考えてみたいと思います。解剖学というと難しいですが、骨と筋肉の構造から肩こりを考えてみたいと思います。ちょっと難しいかもしれませんが、極力分かりやすく書いていこうと思います。

 

まず、ご存じの方いるかと思いますが、人体は骨格で支えられ、筋肉によって動かされています。体を動かしているのは筋肉なのです。

 

筋肉は必ず2つ以上の筋肉が連動して動きます。どちらかの筋肉が伸びれば、どちらかが縮むという構造になっています。これは動きの鉄則です。これは身体中どの筋肉でも同じです。

 

それを踏まえて頂いて、肩回りの構造を見ていきたいと思います。下の図の青い筋肉は菱形筋といいます。肩こりの方は大概この筋肉が凝っています。

また上の図の青い筋肉は肩甲挙筋といいます。首が痛い、といった場合、この筋肉が痛みを感じている場合が多いですね。

上記の2つの筋肉は肩甲骨を背骨側に寄せるという働きをしています。これとは逆の働きをしている筋肉があります。それがこちら↓

 

青い筋肉があるかと思いますが、前鋸筋といいます。この筋肉は主として肩甲骨を外側に動かす働きをしています。

先ほどの肩甲骨を内側に動かす筋肉である菱形筋、肩甲挙筋と逆の働きをしています。つまり、肩甲骨の内側の筋肉と外側の筋肉、両方あるということですね。

 

肩こりの場合、多くの場合は肩甲骨の内側ばかりに注意が向きがちです。体感としてそこら辺が凝った感じがするのは事実なのですがそれと同じくらい実は肩甲骨の外側の筋肉が凝っているのですね。

 

当店では勿論、そこまで施術してきます。なんで、肩が軽くなってしまうのですね!

 

<田端、お参りに行く>

 

さて、先日高崎の進雄(スサノオ)神社にてお参りしてまいりました。

本殿の中に入って、神主さんに祈祷して頂きました。たぶん753以来くらい久しぶりの体験でした。本厄の時もお祓いに行かなかったのですが(自力で何とか乗り切った)今回は行ってみました。

 

祓いたまえ~清めたまえ~という祝詞を聞きながら幣(ぬき)を頭の上で降ってもらうと不思議なものでやはり、気分がスッキリしますね。

 

神社に行った場合、お賽銭を払ってくるだけよりも、中できちんと祈祷してもらったほうがいい、というのは聞いたことがありますが、

それを実感しました。

 

<次回の発送は4月7日新月の発送予定です。お楽しみに!>