田端整体院
10時から19時

姿勢矯正|伊勢崎市の田端整体院

伊勢崎市で姿勢矯正なら田端整体院


いつもありがとうございます。今回の原稿では姿勢について考えてみたいと思います

姿勢矯正とアライメント

肩こり、腰痛、頭痛、疲れやすさ、膝や股関節の痛み。慢性的に感じているコリや痛み、不調の背後には、本人が意識していない姿勢の乱れがあります。人体は、頭部、体幹、上肢(両腕、肩甲骨、鎖骨)、下肢(両足)と言う4つの主要な部位があります。

これらの部位とその関節の並びをアライメントと呼びます。

良い姿勢とは、全身のアライメントが整っており、体の負担が最も少なく、より少ないエネルギーで効率的に保てるもの。アライメントが乱れて、全身に負担をかけてしまい、エネルギーを浪費してしまうのが悪い姿勢、不良姿勢です。

正しい姿勢はコリ、痛み、不調のない健康的な生活のペースです。ところが困ったことに現代人では正しい姿勢が取れている人はほとんどいません。

現代人のアライメントが乱れて不良姿勢による各種のトラブルが増えた背景には、生活習慣の変化があります。姿勢は骨格、筋肉、筋膜、神経系によって保たれています。中でも生活習慣の影響受けやすいのは筋肉です。

筋肉は使わないと弱くなって伸び、使いすぎると疲労して硬くなると言う性質があります。

現代では家事労働や肉体労働が減って、筋肉を使って動く機会が少なくなり、座って前傾姿勢でパソコンやスマートフォンなどを使う時間がなくなりました。すると弱くて伸びたり、硬く短くなったりする筋肉が増えます。こうして姿勢が乱れ、ある一方向につねに力がかかりやすくなり、その人の限界を超えると症状が出ると考えられます。

アライメントと全身の筋肉を保ちながらから、多彩な動きを実現するのには、安定性と稼働性を両立させる必要があります。

安定性でメインに働くのはインナーマッスルであり、可動性でメインに機能してるのにはアウターマッスルです。

インナーマッスルは骨格に近い深部を走る小さく短い筋肉であり、アウターマッスルは体表を走る、より大きく長い筋肉群です。

偏った生活習慣によりアウターマッスルとインナーマッスルの筋力バランスが崩れると、アライメントが乱れて不良姿勢が起こるだけでなく、歩いたり走ったりといった基本動作正しく行えなくなります。

姿勢矯正と整体|伊勢崎市

ギリシャ神話のスフィンクスは、「朝は4本足汁は日本足夜は3本足になるものは何か」というと言う問いかけで知られています。答えはヒト。

赤ちゃんの時はハイハイし、星人すると2本足で歩き、歳を重ねると杖をついて歩く人が増えるからです。現在でも杖を突いて歩く高齢者を良く目にします。

その理由の1つは、歳とともに姿勢を支える骨と筋肉が衰えてしまい、正しいアライメントが崩れることです。

骨の基本的な構造は、繊維状のタンパク質(コラーゲン)にカルシウムなどのミネラルが結晶したもの。骨に含まれるコラーゲンや、カルシウムなどのミネラルの送料を骨量といいます。

骨量が減って骨がスカスカになり、骨折しやすくなった状態が骨粗しょう症。女性は45から55歳で閉経を迎えて女性もホルモンが減ると、骨量が減り骨粗しょう症にかかりやすくなります。

男性でも60歳以降になると骨量が減り始めます。骨粗しょう症では脊柱(背骨)が押しつぶされるような圧迫骨折を起こしたり、背骨の間にある椎間板が変形したりすると、背中が丸まって円背と言う姿勢に陥りやすくなります。

杖をついて歩いている高齢者の方々にこの円背が見受けられます。

姿勢を支えている筋肉も運動不足だと20歳をピークとして年1%の割合で右肩下がりに下がります。老化は足腰からと言う言われるように、特に減りやすいのは下肢の筋肉です。

太ももやふくらはぎといった下肢の筋肉は体重を支えるため、上肢の筋肉と比べると大きく丈夫に作られています。大きくて丈夫である上に、下肢の筋肉は衰えやすくなります。大きくて丈夫であるほど、大きな力で刺激を与えないと弱くなるからです。

下肢の筋肉を衰えると体重の支えるのが難しくなり、バランスも取りにくくなるので、股関節やひざ関節を曲げて重心を下げようとします。これも高齢者特有の姿勢。

太ももの筋肉が弱くなると、膝関節に加わる衝撃が大きくなり、軟骨がすり減るって膝が痛む、変形性ひざ関節症の原因となります。

いつまでも丈夫な骨と筋肉で3姿勢を保つにはタンパク質やカルシウムといった栄養素が不足しないように気をつけるべき。

加えて運動の刺激で筋肉を取れないように保ちましょう。運動の刺激は骨を強くする効果もあるので一石二鳥です。

姿勢矯正したとしても|伊勢崎市

静的なアライメントを正常に戻し、正しい姿勢が取れるようになったとしても、すべての症状が完全に改善するわけではありません。

不良姿勢と症状が必ずしも一対一の関係でない第一の理由は、人は常に動いているためです。普段の生活でどんな負荷がかかっているか、仕事内容や職場環境によってある方向に負荷がかかりすぎていないか見直しましょう。

一方方向に負荷がかかり続けると、硬い金属でも金の金属疲労で壊れるのですから、体に異変が起きても不思議ではありません。

動きの中で一方向に負荷がかかり続けると、動くときの、動的アライメントが崩れてしまい、症状や組織損傷につながると考えられています。

加えて症状改善したり予防したりする姿勢は人それぞれです。職業などの外的要因による負荷のかかり方も異なり、体格や筋肉のつき方など生来の特徴も違います。

さらに加齢で体の構造が変化が起きるため、理想的な姿勢も変わります。

したがって見た目の姿勢に一喜一憂したりこれだけあれば症状が良くなると他人に押し付けたりしてはダメ。

今の自分にはどんな負荷や姿勢が症状は悪化させて、何が症状改善させるのかを正しく理解すべき。そのような先生専門知識を持つ方に相談するのも良いでしょう

【当院の施術は治療を目的としたものではありません、また施術効果には個人差があることをご了解ください】