田端整体院
10時から19時

骨盤矯正の解説|伊勢崎市の田端整体院

【骨盤矯正の解説】

まずは骨盤について解剖学的に考察していきます

骨盤とは上の写真のことをいいます。また背骨の一番下の骨を仙骨といいます。 骨盤は比較的大きな骨なので場所によって名前がついています。

骨盤の中でも上部の部分、腰を触ると骨があるあたりを腸骨と呼んでいます。

この腸骨と仙骨が合わさっている部分、ここを仙腸関節といいます。
当店の骨盤矯正の場合、まずここを調整していきます。

解剖学的にはここは動かない関節なんです。大きく可動する、ということはないのですが、最近は数ミリ程度ずれることが確認されているそうです。なので、まずこの関節をピシッ!とさせていきます。これが骨盤矯正の基本です

この仙腸関節は身体の土台です。ここがしっかりしていないとやはり、体調と言うのはよくなっていきません。

仙腸関節がずれている=病気、と言うわけでは全くありませんが、不定愁訴などここをしっかりと矯正することで快方に向かう場合も少なくありません。

また、この仙腸関節がずれることで、内臓の位置もずれる場合があります。そうした時、例えば女性であれば生理痛がひどくなったり、便秘気味になったりといったことが起る可能性があります。

【産後の骨盤矯正とは何か?】

最近は産後の骨盤矯正を~ということで来店される方も多いので、そこら辺も当店の見解を説明させていただきます。

産後の、の前に出産時に骨盤がどうなるのか?をまず説明させてください。

骨盤は右の骨盤、左の骨盤があり、それが恥骨結合というところで合わさっています。

アップの写真がこちら

 

出産時にはこの恥骨結合が離れ、産道が確保されます。考えただけで痛いですね。

出産後、この恥骨結合が元通り結合されるのですが、それに約一か月かかると言われています。産後1ヶ月は安静に、というのはこう言った意味もあるのですね。

なので、当店の場合、出産後1ヶ月は施術をお断りしています。恥骨結合がしっかりとくっつくまでは安静にしてもらうことは第一です。

産後、体調が悪くなったとか、逆に良くなった、という方がいますが、その原因はもしかしたら恥骨結合のくっつき方にあるのかもしれません

この恥骨結合が離れるため。骨盤を起点とした様々な筋肉のバランスは崩れます。上半身や下半身の筋肉の多くは骨盤に付着しています。そのため、そこらへんの筋肉もケアしていくことが必要です。

また、出産は女性の身体にかなりのダメージを与えます。当店の考えとしては、 産後は骨盤矯正だけするのではなく、ダメージ回復のため全身のケアが大事と考えています

産後の骨盤矯正について詳しくはこちらをクリックして下さい

初産の時は知らない産後クライシスとは?

出産後、女性はホルモンバランスが大幅に変わります。

妊娠中は女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌量が増えていきます。どちらもお腹の中で赤ちゃんを育てるために必要不可欠なホルモンです。ところが出産後はこのホルモンが急激に減少していきます。

この急激な変化にママの身体が追いつけないため、あちこちに不調が出てくるのです。こうしたホルモンバランスの乱れによる感情の浮き沈みは、理性でコントロールすることはほぼ不可能といえます。子猫を生んだ親猫が、人間が近づくと、シャーと怒りますが、それに近い状態だと考えていただければと思います

まずは、ホルモンバランスが変わるんだ、と言うことを夫婦両方が認識することが重要です。

私自身の経験をお話しします。

私は結婚が遅く、2016年に初めて子供を授かりました。もちろん喜び、人生において最も嬉しい出来事の1つでした。ただそれもつかの間、大変な日々の始まりでした。出産後1か月は、実家に里帰りをしていましたが帰宅後、夫婦2人の苦労が始まりました。

嫁は普通にしているつもりなのですが、私にしてみると嫁のあたりがかなりきつい。言葉の一言一言にとげがあり、それが私にけっこうなダメージを与えていました。もちろん嫁はそのようなつもりは一切ありません。この夫婦の2人の認識の違いが、時間が経つにつれて二人の間に溝を作っていきました。その後は嫁も体調が悪くなり.不調を訴えてきました。

 

背中が痛い、腰が痛い、股関節が痛い、様々な痛みが今の体に出てきました。

3時間ごとの授乳、慣れない子育て、仕事で帰りが遅い旦那、

 

嫁は嫁でストレスが溜まっていたのだと思います。

そこで私は考えたのが嫁に整体の施術を施す事でした。もちろん産後の骨盤矯正と言うのはどういったものか知っていましたし、当然知識も持っていました。ただ、こういった知識はあまり役には立ちませんでした。

というのは産後は、ヨメが出産したことによって私も学びましたが、骨盤の矯正だけしてればいいと言うものでは全くありません。出産と言う人生の一大事の大仕事を行ったことにより、全身様々なダメージをくらっています。なので出産後は出産からのダメージ回復ということを第一に考えるべきであり、骨盤の矯正だけしてればいいと言うわけでは全くありません。

 

毎日仕事が終わってから、嫁に骨盤矯正を含む整体の施術をしました。その後、約1ヵ月後には嫁のとげとげしい言葉もなくなり、嫁の様々な体の痛みもなくなり夫婦関係も元に戻ってきました。何とか産後クライシスを乗り切ることができたのです。このことから私は私自身の経験から産後の骨盤矯正を容器に対する認識が全く変わりました。産後のダメージからの回復は、今後の夫婦の為にもとても大事です

【骨盤矯正に話を戻します】

先ほども話したように、仙腸関節はほとんど動きません。動いたとしても数ミリ。

では骨盤を動かす時どの関節がうごくのか?といえば股関節と腰椎なんです。

この股関節、様々な方向に動きます。

さらに立ってるときは全体重を支えているのでかなり頑丈です。また腰の骨、腰椎も連動して動いていきます。

 

腰を振るような動きをしてもらうとわかりやすいと思いますが、股関節とこの腰椎が連動して動いていきます。 なので当店ではこの股関節、そして腰椎の調整というのも行っていきます。

以上お分かりいただいたでしょうか?

少し分かりにくかったかもしれません。もし分かりにくかった場合は遠慮なく質問してくださいね!

当店の場合は、仙腸関節、股関節、腰椎と矯正していきます。

骨盤矯正(産後)は、その先生によって様々な考えがあります。ぜひあなたにあった骨盤矯正(産後)を見つけて下さいね!

骨盤の働きを左右するのは、位置と角度です。

よく骨盤の歪みが不調などといます。骨盤は腰部にある、仙骨、寛骨、座骨の3つで構成されている、大きな骨の塊です。

先ほども書きましたが、この3つの骨の結合部がずれたり、曲がったりするというのはない、と言うのが当店の見解です。ここからさきで私が言いたいのは骨盤全体の前後の傾きです。

医学書に乗っている解剖図や一般的な骨格標本は、坐骨の先端が真下に向いています。坐骨の先端を坐骨結節といいます。

しかしこの状態では上半身の重みが股関節を押さえつけ、動きを制限してしまうのです。

股関節は人体の中で最大の関節です。その関節が動きづらくなったら他の関節や筋肉への負担が増える事は明らかでしょう。

私は医学書に載っているのだから坐骨結節がもう下に向いている角度が正しいと思い込んでいました。

しかしそうではないと思います。理論的にも、実感としても、この状態は骨盤の正しい角度ではありません。

骨盤が後ろに傾いているのです。私はこの状態を骨盤後傾と言っています。この状態は実は、骨盤の位置、角度としては正しいのです。

骨盤後傾になると重心が後ろに来るため、さらなる問題が起こっていきます。さてでは骨盤を起こしてみましょう。椅子に座ったとき坐骨結節が真下でなく、後に向くような角度です。すると上半身の重みが股関節に直接関わらないうちに外れます。股関節が自由に動くようになるのです。

 

また股関節が動かしやすくなると、それまで負担を強いられていた筋肉や関節を休ませることができます。そのため痛みや不調が軽減するのです

坐骨結節が真下ではなく、やや後方に向くように骨盤を起こした状態を骨盤立位と呼んでいます。これが骨盤の正しい位置なのです。重心が前になるので様々な動作を楽に行えるようになります。

しかしながら、現代人の多くは骨盤が後ろに出ています当院に見える患者さんは体に不調を抱えているので、ほぼ骨盤後傾の状態になっています。ここらへんはややこしいのでご来店の上、お尋ね下さいね!

骨盤の後傾について詳しくはこちらをクリック