田端整体院
10時から19時

骨盤の後傾|伊勢崎市の田端整体院

あなたの骨盤は大丈夫?

あなたの骨盤をチェックしてみましょう?

  • 目を閉じたって立っていると1分も経たないうちに体がゆらゆらゆれてしまう
  • 足先を揃えて正座をすると膝の位置が違う
  • 壁に背中、お尻、ふくらはぎをぴたっとつけて立つとウエストと壁の間に手の拳以上の隙間がある
  • 仰向けに横になって脱力。足先の開きが違う。
  • 椅子に座った姿勢で後ろ振り向く時、どちらかが向きにくい。
  • ウェストのくびれ方が左右で異なる。
  • 鏡で全身を映すと、体がどちらかに傾いている
  • 横座りするとどちらかの向きが座りにくい。

 

歪む生活習慣チェックリスト

  • 椅子に座るとすぐ足を組む
  • にいつも同じ側の手でバックやカバンを持っている
  • 食べ物どちらか一方の奥歯で噛んでいることが多い
  • 横向きで寝るのが好き、または楽
  • 立っているときにどちらかの足に体重をかけていることが多い
  • 椅子には浅く座るのが癖だ
  • ミュールをよく履く
  • 椅子に座ってデスクワークを1時間以上続けていると腰が痛くなる
  • 一年で3キロ以上太った。またはお腹にお肉がついてきた
  • 以前はスポーツをしていたが最近は全くやっていない。

 

骨盤の機能と構造

骨盤と言う言葉自体は、皆さんよく耳するにすると思います。大体の場所や機能はご存知だと思いますが、ここでは改めて説明しましょう。

骨盤は体の中心部に位置し、上半身と下半身をつなぐ重要な骨格です。骨格とは人体の基礎、骨組と理解してください。

骨盤は、上半身は背骨と、下半身とは太ももの骨とつながっています。上半身のバランスを保ちながら下半身と連動して、足を前後左右上下に動かします。

また消化器や泌尿器、生殖器などを保護する役割もあり、内臓の健康にも大きく関係しているのです。

このように骨盤は体全体を支える土台となっている重要な部分です。骨盤の機能が、全身に影響与えるといっても過言ではありません。

ただ骨盤の機能といっても、なかなか実感できないでしょう。

伊勢崎で骨盤矯正ならこちらをクリック

伊勢崎で産後骨盤矯正ならこちらをクリック

骨盤の働きを左右するのは、位置と角度です。

よく骨盤の歪みが不調などといます。骨盤は腰部にある、仙骨、寛骨、座骨の3つで構成されている、大きな骨の塊です。

この3つの骨の結合部がずれたり、曲がったりするというのはない、と言うのが当院の見解です。ここで私が言いたいのは骨盤全体の前後の傾きです。

医学書に乗っている解剖図や一般的な骨格標本は、坐骨の先端が真下に向いています。坐骨の先端を坐骨結節といいます。

しかしこの状態では上半身の重みが股関節を押さえつけ、動きを制限してしまうのです。

股関節は人体の中で最大の関節です。その関節が動きづらくなったら他の関節や筋肉への負担が増える事は明らかでしょう。

私は医学書に載っているのだから坐骨結節がもう下に向いている角度が正しいと思い込んでいました。

しかしそうではないと思います。理論的にも、実感としても、この状態は骨盤の正しい角度ではありません。

骨盤が後ろに傾いているのです。私はこの状態を骨盤後傾と言っています。

骨盤後傾になると重心が後ろに来るため、さらなる問題が起こっていきます。さてでは骨盤を起こしてみましょう。椅子に座ったとき坐骨結節が真下でなく、後に向くような角度です。すると上半身の重みが股関節に直接関わらないうちに外れます。股関節が自由に動くようになるのです。

 

また股関節が動かしやすくなると、それまで負担を強いられていた筋肉や関節を休ませることができます。そのため痛みや不調が軽減するのです

坐骨結節が真下ではなく、やや後方に向くように骨盤を起こした状態を骨盤立位と呼んでいます。これが骨盤の正しい位置なのです。重心が前になるので様々な動作を楽に行えるようになります。

しかしながら、現代人の多くは骨盤が後ろに出ています当院に見える患者さんは体に不調を抱えているので、ほぼ骨盤後傾の状態になっています。

 

また現在体に不調や不安がなくても骨盤後傾を放置すると痛みや病気を生じる可能性が高くなります。

 

骨盤後傾を改善するにはどうしたらいいでしょうか?

骨盤後傾を改善するのは当院の施術を受けて頂くのがいいですが、ここでは自分でできるトレーニングを紹介します。

骨盤後傾改善し姿勢を維持するためのトレーニングです。

 

①座面の固い椅子に腰掛けます。膝の間はこぶし3つ分あけ、つま先は30度位の上開きましょう。両手の指を、お尻の尖った部分にあてます。

②背筋を伸ばして顔を正面にむけたまま、ゆっくり5つ数えながら上半身を前に倒します。胸を突き出す感覚で行うとよりよいでしょ。身体ををそらさないようにしてください。坐骨結節が、椅子から離れるのを確認したら、ゆっくり5つ数えながら上半身を起こします。これを5回位繰り返します。時間がある時にいつでも行って下さい。

さて、いかがだったでしょうか?

今回は骨盤の後傾について詳しく書いてきました。多少分かりにくかったかもしれませんね。もし疑問点などあったらいつでも連絡、又はご予約下さいね~

あなたに実際にお会いできることを楽しみにしています~

【当院の施術は治療を目的としたものではありません、また施術効果には個人差があることをご了解ください】

【他の症状の詳細はこちら】

伊勢崎で頭痛についてお悩みならここをクリック

伊勢崎で肩こりについお悩みならこちらをクリック

伊勢崎で腰痛についてお悩みならこちらをクリック

伊勢崎で小顔整体についてくわしくはクリック

伊勢崎で不妊についてお悩みならことらをクリック

伊勢崎で骨盤矯正についてお悩みならクリック

伊勢崎でO脚でお悩みならこちらをクリック

伊勢崎で狭窄症でお悩みならこちらをクリック

伊勢崎で自律神経失調症でお悩みならこちらをクリック

伊勢崎で生理痛でお悩みならこちらをクリック

伊勢崎でむくみでお悩みならこちらをクリック

伊勢崎で坐骨神経痛でお悩みならこちらをクリック

伊勢崎で産後の骨盤矯正ならこちらをクリック