田端整体院
10時から19時

伊勢崎市の田端整体院【代表のプロフィール】

代表のプロフィール

略歴

田端久人 本庄市在住 昭和48年生まれ。家族は妻と息子。

群馬県伊勢崎市にて整体院を経営。2007年から約10年継続して伊勢崎市で経営し続ける

2004 年~民間療法に出会い、こんなこと世界もあるのか?と勉強を始める
2006年 スウェデッシュマッサージを学び解剖学も学ぶ
2007 年 伊勢崎市今泉にて独立開業する
2010 年 伊勢崎市連取町に移転、同時に小顔整体のメニューを開発、導入する 現場に立ち年間2000名の施術をこなしながら、整体スクールの運営、集客に悩む治療院向けに、集客、問診、施術のアドバイスも行う

 

趣味など

「筋トレとマラソン」

筋トレは初めて5~6年。細マッチョを目指すもなかなか実現はせず。しかしながら体脂肪は15%前後をキープ。マラソンは、学生時代は大嫌いだったが。39歳から何故か走り始める。現在は年数回大会にも出場する

「DVD鑑賞」

:多分年間50本以上の映画をみます。ジャンルはホラー以外は何でも。メジャーな映画よりマニアックな作品を好む傾向有。好きな女優は、深津絵里、宮沢りえ、など。

「ガーデンニング」

ガーデニングと書いてますが実質は園芸もしくは庭いじり。自宅の庭は芝ですが、管理は私の担当。芝を青くしておくのは結構大変なんです。家では家庭菜園もやってます。嫁との共通の趣味で、あーでもない、こーでもない、と言いながらやってます。お互いに作業の進め方の違いが浮き彫りになり、絆が深まります(笑)。店では観葉植物を栽培。観葉ではなく増やして楽しんでいます。ちなみに、当店のゴムの木は、今は10鉢くらいありますが、元は2鉢で、増やしました。

「読書」

:多分年間100冊くらい読みます。ジャンルは主としてビジネス書が多いですが、それ以外にも健康関連、トレーニング関連、歴史関連が多いですね。数年前の喰えない時代には年間300冊くらい読んでました。が、最近は時間もそこまでとれないのでこんなくらいです。

好きなもの:職人気質の店主がいる小さな飲食店。本庄リラッサインテ 高崎もっこすなどがお気に入り。
嫌いな人:ゲオの貸本コーナーで立ち読みしてる人

これまでの歩み

キャリアの始まりはリフレクソロジーからでした

大学を卒業後、アート関係を扱う会社に就職しました。(ちなみに前職の肩書きは物流課主任)。この会社には約10年お世話になりました。大学卒業後は10年以上サラリーマンとして勤務。27歳の時に主任に出世しました。決して年功序列的な会社ではありませんでした。が、比較的早い出世だったと思います。

誰でも20代の時には悩むと思いますが、私も同じような悩みを持っていました

この仕事でいいのだろうか?私に合っている会社だろうか?
人を使うような立場であってもそのようなことで悩む日々でした。後述しますが、こう見えて私は実はバリバリの経営者タイプ。経営やマネジメントをすることに喜びを覚え、それをやっていないと多大なストレスを抱えてしまうタイプなのです。

多くの方がそうでしょうが、私もかなりのハードワークをしていました。

月の残業は100時間近く。
休日出勤は当たり前。
ワンマン社長の下でのストレス。
身体も疲れ切っていました。

そんななか、ある日リフレのお店にふらっと入りました。時期的には2003年くらい時期。そこですっかり足のむくみがとれた私は、こんな世界もあるのか。と驚いたものでした。当時の私は、仕事の疲れで足のむくみに悩んでいたのです。

あれほどむくんでいた足が一発でよくなってしまったんです。

そしてその後在職しながらリフレの勉強を始めました。

 

解剖学を学ぶ

日増しにこの業界で働き、そして生業にしたいという思いは強くなり、そしてそのためにはどうしたらいいのか?考えるようになりました。

その後、悩みながらも仕事を続けていました。が私は仕事をしながら、整体の勉強を始めたのでした

と言っても今ほど情報があった時代ではありません。ただ、人様の身体をお金をもらって触る以上、きちんと身体のことはしらないといけない、と思い、解剖学を学びながら、技術も勉強できる、スウェデッシュマッサージを学び始めました

そしてスウェーデンマッサージを通して解剖学をまなびました。このとき見につけた知識が今の施術の基礎となっています。その後スポーツマッサージの技術、整体の技術も学びました。

整体学校は数多くありますが、解剖生理学をシッカリと学んだの大きな成果でした。今では解剖学の専門家を自負してます

そしてその後経験をつみ、2007年2月に群馬県伊勢崎市今泉の小さなアパートでピュアヒーリングという屋号で本当に小さな店をオープンしました。

独立してやりだしたはいいけれど

当たり前のことですが、誰も私のことなどしりません。ましてお金を出して施術をうけようなんてかたがいきなり沢山来るわけもありません。

苦労の連続でした。

2月の寒い日コピーしたチラシをポスティングにいきました。雪が降りそうなシンシンと冷え込む夜でした。なぜ夜を選んだかというと、昼は予約の電話が掛かってくるかもしれないから。当時はお金がなくて転送電話なんて使えなかった。

犬に吼えられないように気をつけながら、郵便箱にチラシをいれていきました。手袋をすると効率が悪いので手袋をはずしました。寒さで段々指の感覚がなくなっていきました。予定の枚数を配り終えたのは12時をまわっていました。

そして次の日電話をまちました。電話はありませんでした。
翌々日も電話を待ちました。この電話をまつ時間は永遠にも感じられました。そして電話がなりました。

予約の電話でした。飛び上がるほど嬉しかったですが、グッとこらえて冷静に愛想よく対応しました。電話を切ったあと小躍りしました。

時間になってもお客さんはきませませんでした。連絡もなくキャンセルされました。

そしてその後暫く電話がなることはありませんでした。

しかしながらこんな苦労は苦労ではありません。

この業界で生きていく、この仕事を生業としていくと決めた時から、覚悟していました。

そして、徹底的に集客やマーケティング、心理学を学びました。そしたらお客様も少しづつですが増えていきました

あきらめなければ、必ず上手くいく

と自分には言い聞かせてます(笑)

その後2010年3月に現在の場所に移転しました。今では年間2000名以上のお客様にご来店頂いています

「楽になったよ」「痛くなくなった」「ありがとう」そういった言葉をいただけたとき、この仕事をしているやりがいと喜びを感じます。そしてその言葉こそ私を支えてくれているものです

私達の仕事は受けていただく方がいて初めて成り立つ仕事です。受けてくれるお客様がいなければ、どんなに素晴らしい技術も全く意味がありません

一人でも多くの方の、つらさを取り除くお手伝いをして、喜んでいただけるようこれからも精進していきたいと思います

 

気学的な分析

気学的に分析するとこんな人らしいです。ほぼほぼ当たっているような、いないような・・・実際に会って確かめてみてくださいね!

★攻撃型地球人 江戸っ子の相

攻撃型⇒基本的に男性的な性格で、大きなことになればなるほど決断力が強くなるタイプ。

地球人⇒基本的に一般人。突発的な大きな力はないが、比較的浮き沈みが少なく、
安定性があるタイプ

江戸っこの相⇒白黒ハッキリした勢いのある江戸っ子タイプ。物事を自分から進めるパワーを持つ、男っぽい性格の、典型的な親分肌です。何事も入念に準備するよりも、とりあえず、やってしまってから考える現場あわせタイプ。人を引っ張って行く力は大きいけど、人のいうことを素直に受け入れるのは苦手。ちょっと強引過ぎて、勇み足が多いのが欠点。裏表がなく、とても単純なので、人を信じやすく、利用されやすい一面も。

幼少期の女性的な性格でしたが、大人になるにつれ勢いのある男性的な性格に大きく変化しました。営業、経営、の実力主義の仕事に適している典型的なキャリア型です。事務や秘書、看護婦さんや専業主婦には全く向いていません。豪快に、ダイナミックに、男性的に生きていくタイプ。統率力があり、頭領運が高いのですが、強引になりすぎる欠点もあります。気が付かないうちに、周囲に自分の意見を押し付ける場合が多いのかもしれません。細かい配慮が足りないタイプでもあります

また以下の相がでています

☆チョモランマよりも高いプライドの相
これが出ている人は、企画想像力があり、頭の回転が非常に速い。その反面プライドが高くなりすぎる傾向があり、過剰に他人にどう見られているか気にする場合が多い。

☆晩婚の相
自分の仕事が軌道に乗ってから結婚した方が良いタイプ

☆接客の相
浅く広くの社交能力。店舗などで不特定多数のお客様の応対をしたり、司会者、講師、などに対する適性があるタイプ。

☆出会いの相
面識が浅いうちに、ずうずうしく仲良くなる能力あり。